Web予約はこちら
LINE予約はこちら

貧血の仕組みについて!

   

こんにちは😃川崎の鹿島田にあるリラクゼーションサロンorga pie (オルガピエ)の小林です。今回は特に女性に多い鉄欠乏性貧血についてお伝えさせていただきだこうと思います。血液検査で貧血と分かればいいのですが、気を付けたいのは隠れ貧血と呼ばれる貧血予備軍の方です。

まずは鉄の役割をみてみましょう。
《体内での鉄の役割とは》

1.神経伝達物質をつくる
セロトニン(心を安定させる)・ノルアドレナリン(やる気を出させる)

2.エネルギーを作る
エネルギーとは、全身の細胞がそれぞれの機能を果たす為に必要なもの

3.細胞分裂
細胞分裂とは細胞が増えること。胃腸や気道の粘膜を整える。胎児や子どもの成長を助ける

4.血液中の赤血球をつくる
酸素を体の隅々まで運搬するもの

★貧血かも?チェックシート No.1
①疲れやすい・軽い運動でも動悸、息切れをする
②冷え性
③爪に丸みがない・柔らかい
④髪の毛が抜けやすい
⑤イライラしやすい
⑥頭痛・めまいがする
⑦堅いものを食べたくなる
⑧アザが出来やすい
⑨出産経験がある
⑩経血量が多い
↑2つでイエロー、3つ以上でレッドカード

《ヘモグロビンとフェリチン》

検診では体に酸素を運ぶ為に必要なヘモグロビン値を見ますが(この値で貧血かそうではないかを判断する)、本当に大切なのはフェリチンの値。
フェリチンは全身に蓄えられた鉄の量を示していますが、健康診断や人間ドックではフェリチンの値は出ないので、分かりにくいのです。

★ヘモグロビンはお財布に入ったお金。
★フェリチンは貯金
に例えると分かりやすいと思います。

赤血球の鉄は体にとってとても重要なので、優先して送られます。お財布のお金がなくなると、どんどん貯金から出して来るようになり、お財布にはお金が入っていても、貯金通帳を見ると入っていない(鉄欠乏)の状態になる。

体の鉄が欠乏して体調不良があっても、赤血球の鉄が減らないので鉄欠乏に気づかない。この状態が隠れ鉄欠乏の原因です。なんと生理がある90%の人が鉄欠乏に陥っているそうです。

《炎症による鉄欠乏について》

体内の鉄が足りていても、うまく鉄を使えていないと鉄欠乏と同じ状態になります。

細菌は鉄を利用して増殖するため、炎症があると体が病原菌に感染したと勘違いし、体内に鉄を流さないようにします。
これは鉄貯金であるフェリチンが普通預金から定期預金になってしまったようなものです。鉄があっても使えていない状態です。

★チェックシート No.2
①毎日お菓子を食べる・清涼飲料水を飲む
②肥満・糖尿病・便秘や下痢をしがち
③寝不足や疲労が続いている
④花粉症やアトピー性皮膚炎がひどい
↑ひとつでも当てはまればイエロー・2つ以上でレッドカード

《体内炎症を抑えるには》
1.充分な睡眠をとる
2.低糖質の食事にする
3.軽い運動を心掛ける
4.腸内の悪玉菌のエサとなるお菓子や清涼飲料水を控える
5.炎症の原因になる小麦製品を控える
6.キノコ・アボカドなどの食物繊維の多い食事をとる
7.荏胡麻油・亜麻仁油などのオメガ3系の抗炎症作用のある油をとる
8.納豆・味噌などの発酵食品を食べる

預金(フェリチン)を増やして、体内炎症を抑えてしっかり鉄を使えるようにしたい!!と改めて感じました。

―――――――――――――――――――――――――

Orga Pieオルガピエ

平日 10:00〜20:00

土曜 10:00~16:00

日曜 10:00〜16:00

(受付終了30分前)

神奈川県川崎市幸区下平間299-2

TEL:044-742-9210

整体、マッサージ、筋膜リリース、リフレクソロジー、フェイシャル整体、クラニオ、内臓、オトーゼ、ベットマッサージ多数メニューをご用意しております。

肩こり、眼精疲労、冷え性、ギックリ腰、神経痛、手足の痛み、関節痛、膝の痛み、外反母趾矯正、頭痛、腰痛、首痛、膝痛、スポーツ外傷、スポーツ障害、骨盤の歪み、背骨の歪み、五十肩、四十肩、腰の痛み、外反母趾、スポーツマッサージ、慢性疾患、骨盤矯正、背骨矯正、猫背矯正、しびれ、巻き肩、反り腰、吐き気、自律神経の乱れ、免疫向上、便秘、内臓疾患、生理痛、ハンマートゥ、足部アーチ障害、むくみ、リンパ流し、フェイスアップ、ほうれい線、二重アゴ、オデコのシワ、小顔など様々な症状に対応しております。

関連記事

  1. 筋膜整体

    筋膜整体ってなに?

  2. イチオシ!フェイシャル整体とは?!

  3. 寒暖差疲労ありませんか?

  4. こんな時だからこそ笑おう‼️

  5. 免疫力高める水分の取り方とは⁉︎

  6. 腰痛の原因は脚にあるかも?

PAGE TOP